スタッフブログ

絵になる空間

こんにちは。
大正14年製の椅子の張り替えを承りました。
97年前に作られてるのですよ、椅子の背側に黒々と明記してあります。
 
 
 
 
275126976_7161170680622079_6313702303446312807_n.jpg
 
 
 
 
 
274931748_7161170670622080_8673210781980002987_n.jpg
 
 
 
 
 
 
 
少し小ぶりで使い勝手の良いデザインです。ぐらつきも無く、座面の張り替えのみです。
同じ雰囲気のモケット生地で張り替えました。
 
 
 
 
 
275015872_7161170673955413_5430469086525396132_n.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
275015224_7161170677288746_1117604425337566759_n.jpg
 
 
玄関の土間に置いてお使いになられるそうです。
 
 
そうお伺いして出来上がった椅子を配達したのですが、これがまた素敵な古民家のご自宅でした。
 
 
 
他所から築100年を超える古民家を移築されたそうです。
今どき珍しいダイヤガラスの入った格子戸が印象的で、そりゃ100年前の椅子もあるよね~と納得しました。
やたらとカッコいい空間でしたよ。
 
 
 
靴を履いたり、ちょっと玄関先でお話をする時に便利よくお使いいただけると思います。
ありがとうございました。
 
 
 
物販部 堀田 あゆみ
 
 

欲しくなる絨毯

久しぶりに自分が欲しくなる絨毯です。
カシュガイ族の工房の中でいま注目されているラジュヴァルデイの絨毯を見せていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
275292385_7169572283115252_5363592191013780811_n.jpg
 
 
 
 
 
青と赤の組み合わせが絶妙で素敵な手織り絨毯です。
画像よりもっと青色が濃く藍色よりでしたよ。
いつもはiPhone、青色があざやかに映るのですが今回はどうしたのでしょう。
 
 
 
 
 
 
275111587_7169572286448585_2473636504361911992_n.jpg
 
 
 
 
 
ラグサイズから玄関マットなどサイズ展開があるそうですよ。
・・・・ということはギャッベの売りである「一点もの」じゃあないわけですね。
そこが少し残念です。
 
 
 
 
物販部 堀田あゆみ
 
 
 
 
 
 
 
 

プチドライブ

今日は久しぶりに蒲刈に行ってきました。
平日のお昼なので割と道路も空いています。
長く旅行や車の遠出もしてないですね。
瀬戸大橋を渡って四国に行きたいな~なんて考えながら安芸灘大橋を渡りました。
 
 
 
 
 
 
 
274405216_7116838955055252_4432089261884106021_n.jpg
 
 
 
 
 
 
 
今日はもう一つの蒲刈大橋も渡り下蒲刈島が目的地でした。
 
 
帰り道で「であいの館」に寄り道しました。
ちょっとわかりにくいですが目印の塔?にも柑橘類が鎮座してるんですね。
中もちらっと見ましたが目を引くものは無くて・・・・
 
 
 
 
 
274558956_7116838961721918_7701626854549985251_n.jpg
 
 
 
 
 
やや日も傾き始めて風も冷たくなってきましたが、気持ちの良い広々とした海と雲 wavecloud
なんだか気分がぱ~っと晴れますね。
 
 
 
 
274519740_7116838958388585_8838585342888408704_n.jpg
 
 
 
 
 
河津桜なのかな?
濃いピンクの桜が咲いていましたよ、私一人しか見てなくて申し訳ない・・・
裏の方なので気づかない方もいるのではないかしら。
 
 
 
 
274393360_7116838965055251_8982234036367653995_n.jpg
 
 
 
 
お仕事と言いながら結構な気晴らしになりました。
ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
274339129_7116838968388584_960651693221297738_n.jpg
 
 
 
 
 
最近、日が長くなりましたね~
18時でお店を閉める時にまだ明るいなんて、嬉しくなります。
蒲刈に行って戻ったら街中の夕焼けも薔薇色です。明日はおやすみ、嬉しいな

Happy Valentine Day

こんにちは。
 
 
 
今日はバレンタインデーですね

なぜか気になる・・・

1月も20日になってしまい月日の過ぎる速さに驚きます。
お正月の清々しい気持ちもあっという間に過ぎ去っています。
 
さて、お正月は1年の中で美しい酒器に親しむ機会が多いです。
こんな石瓶(いしがめ)で美味しいお酒を愉しむひと時があるってしあわせ。
お客様じゃなくて私をもてなしてあげましょう。
水引で飾ってお屠蘇をいただいてもいいですね。
 
 
 
 
 
なんで石瓶と呼ぶのか調べても判りません。
こちらは真鍮の持ち手なんですが、いわゆる持ち手に「つる」の付いた土瓶も石瓶として載ってたりして・・・
どなたかご存じないですか?
 
 
 
271713555_6854102137995603_6384999371627526341_n.jpg
 
 
 
 
 
そして寒いせいか赤に心惹かれます。
赤い椿の箸置きに赤い漆のお箸です。
椿は呉市の市花です。色味の乏しい冬のこれからの時期に華やかで美しい花を咲かせます。
漆のお箸は「かなこ箸」といいかなこさんの手書きの絵柄と持ちやすく使いやすい角箸が人気です。
 
角箸は転がりにくく食材がしっかり掴めるのでおすすめです。
 
 
 
 
 
271871175_6874990535906763_6956915436682682945_n.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
適度に重みがあり、カッティングが美しく、ステム(脚)が低いので普段使いにぴったりのグラス。
透明もありますが、こちらの赤いグラスを私は還暦のお祝いに使っています。
還暦とは言えまだまだ若々しいシニア世代に喜ばれますheart
 
 
 
 
 
 
 
 
271996709_6892318520840631_2667603124592872251_n.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は最近気になる「赤い」器をご紹介してみました。
どんな心理状態なんでしょうか?赤が気になる時って。
ググってみたら「何かしら能動的に動き出そうという表れと考えられる」んだそうです。
そうなのかな~lovely
 
 
 
 
物販部 堀田あゆみ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

  1. 2023年8月 (5)
  2. 2023年7月 (6)
  3. 2023年6月 (3)
  4. 2023年5月 (5)
  5. 2023年4月 (5)
  6. 2023年3月 (10)
  7. 2023年2月 (7)
  8. 2023年1月 (14)
  9. 2022年12月 (4)
  10. 2022年11月 (8)
  11. 2022年10月 (7)
  12. 2022年9月 (5)
  13. 2022年8月 (5)
  14. 2022年7月 (6)
  15. 2022年6月 (4)
  16. 2022年5月 (4)
  17. 2022年4月 (6)
  18. 2022年3月 (6)
  19. 2022年2月 (3)
  20. 2022年1月 (6)
  21. 2021年12月 (8)
  22. 2021年11月 (5)
  23. 2021年10月 (4)
  24. 2021年9月 (3)
  25. 2021年8月 (6)
  26. 2021年7月 (3)
  27. 2021年6月 (2)
  28. 2021年5月 (3)
  29. 2021年4月 (7)
  30. 2021年3月 (5)
  31. 2021年2月 (4)
  32. 2021年1月 (7)
  33. 2020年12月 (8)
  34. 2020年11月 (8)
  35. 2020年10月 (6)
  36. 2020年9月 (5)
  37. 2020年8月 (5)
  38. 2020年7月 (5)
  39. 2020年6月 (6)
  40. 2020年5月 (6)
  41. 2020年4月 (5)
  42. 2020年3月 (14)
  43. 2020年2月 (10)
  44. 2020年1月 (5)
  45. 2019年12月 (7)
  46. 2019年11月 (13)
  47. 2019年10月 (8)
  48. 2019年9月 (7)
  49. 2019年8月 (5)
  50. 2019年7月 (4)
  51. 2019年6月 (7)
  52. 2019年5月 (10)
  53. 2019年4月 (13)
  54. 2019年3月 (9)
  55. 2019年2月 (9)
  56. 2019年1月 (9)
  57. 2018年12月 (9)
  58. 2018年11月 (14)
  59. 2018年10月 (11)
  60. 2018年9月 (2)
  61. 2018年8月 (6)
  62. 2018年7月 (12)
  63. 2018年6月 (16)
  64. 2018年5月 (8)
  65. 2018年4月 (15)
  66. 2018年3月 (15)
  67. 2018年2月 (4)
  68. 2017年12月 (10)
  69. 2017年11月 (12)
  70. 2017年10月 (18)
  71. 2017年9月 (19)
  72. 2017年8月 (12)
  73. 2017年7月 (15)
  74. 2017年6月 (8)
  75. 2017年5月 (23)
  76. 2017年4月 (17)
  77. 2017年3月 (17)
  78. 2017年2月 (13)
  79. 2017年1月 (14)
  80. 2016年12月 (14)
  81. 2016年11月 (15)
  82. 2016年10月 (13)
  83. 2016年9月 (13)
  84. 2016年8月 (11)
  85. 2016年7月 (18)
  86. 2016年6月 (18)
  87. 2016年5月 (16)
  88. 2016年4月 (23)
  89. 2016年3月 (22)
  90. 2016年2月 (18)
  91. 2016年1月 (2)