スタッフブログ

お手製門扉

こんにちは。
お久しぶりです、気付いたら投稿まで自粛しておりましたhappy01
お変わりございませんか?

先日、常務と「最近の仕事で達成感が高かったのは?」というお題で話しをしました。

その時、常務が挙げた門扉の製作をご紹介します。
木の門扉が古くなり一部が朽ちていました。

白壁と瓦塀で雰囲気があるのに、今どきのアルミの扉ではがっかりですよね。かといって新品の木の門扉はかなり高額になります。

 

そこで常務がお手製で門扉を造作しました。

防腐剤としてウォールナット色の木材保護塗料キシラデコールを用いて雨ざらしとなる外構部分に防水処理を施しました。

 

 

 

こちらが出来上がり。

新しいけど違和感がないでしょう?                   改修前の写真だとやはり痛みが激しいですね。

 

101564648_3887727457966434_5447485911199645696_n (1).jpg

 

83512810_3887728104633036_6500018087180369920_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

84098292_3887727817966398_979643449936445440_n.jpg

101213046_3887727917966388_3261302537688449024_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

101534741_3887727614633085_5145188211483475968_n.jpg

100774498_3887727711299742_7007993434170458112_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100740258_3887727894633057_6113706819949953024_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

お家の雰囲気ともマッチして違和感がないですよね。

そして既製品よりも費用も抑えられて更にめでたいめでたい。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

    物販部 堀田あゆみ heart


オーダーいただいた収納家具ができました

こんにちは。

ここ数日は暖かく、春の訪れを実感している企画営業部の近藤です。

気候は良いのですが例年通り花粉が来てます!マスク不足なので消毒、洗濯しながら再使用している日々です。

 

先日、オーダーいただいた家具をお届けに上がりました。

もともと洋服タンスを書類やお子様のカバンなどの収納に使われていたのですが、用途が違うため重量に耐えられず変形、

扉もうまく閉まらなくなってしまったそうで、

 

元.jpg

IMG_4479.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入れるものを考慮して巾70㎝、奥行80㎝の収納を探されていたのですが、なかなかこの奥行のものがなくオーダーでお造りすることになりました。

 

サイズはもちろん扉の色、把手もお選びいただきました。

扉はお住まいのドアに近い色、把手は表に出ず邪魔にならないものを選択。

IMG_4656.JPG

 

せっかくなので天井近くまで収納できるよう高さを2.2mにしたので、出し入れしやすく扉は上下2分割の計4枚としました。

中はこのように奥までしっかり物が入ります。

 

名称未設定 1.jpg

 

出入口にかからず、カーテンレールとの間に丁度収まるサイズです。

IMG_4710.JPG

 

欲しい家具は人それぞれサイズ、色、形のご要望があります。

既製品で有れば良いのですが、今回のようにオーダーで造ることも検討されてみては?

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

真鍮色のコマドリのお話

企画営業部の竹河内です。

いつもありがとうございます。

真鍮色のコマドリのお話です。

 

1-birds.jpg

 

ツワブキがならぶ花壇の中に、レトロな水栓を付けさせていただきました。

ご自宅内には小鳥の置物が沢山あったので、お好きかな~と思い、蛇口の形はコマドリでご提案。

水の防犯のため、取り外しができるコマドリの蛇口を設置することになりました。

 

2-waterfaucet.jpg

 

ふっくらしたコマドリさん。

お客様 「可愛い!」 chickheart04 

お客様 「でも、、、ちょっと重たいかしら」

取り外しができるタイプだと、家の中から水栓まで持ち歩かなくてはなりません。

持たせていただくと、ズシッ。

しかも、この取り外せるコマドリさん。

自立しない上に、置くとひっくり返ってしまい、ちょっと悲しい感じに。

 

3-key.jpg

 

そこで、軽くて、デザインも可愛いものを改めて探させていただきました。

紐を付けられるのも便利です。

便利さとデザイン性のバランスの難しさ!

お勉強させていただきました。

 

後日談ですが、コマドリは常務に土台を加工していただき。

お客様の白い鳥コレクションの中に加えていただきました。

常務ありがとうございます。

 

4-brassbird.jpg

 

さて、

現場のこともブログ更新しよう!

ということで書き始めたのですが、こんなお話でよかったのでしょうか。

三日坊主にならぬよう頑張りたいと思います。

竹河内

 

 

新しい街の顔

工務部の秋山です。

今月の19日に「文具のひろば ポプラドー」様に新しいショーウィンドーの棚を納品しました。

棚の作成およびLED照明加工と設置です。

2mを超す大きな棚にウィンドー内を暖色系のLEⅮライトで明かりを灯しています。

設置した時は昼間でしたが、お店の方から「夕方になるととても映えますよ。」と伺い、後日お店に伺いました。

お伺いしたのは閉店前の暗くなった18時半過ぎです。

遠くからでもほんのりと光るショーウィンドーはとてもきれいでした。

私が訪れた時に、他にも気になった方がおられたのか写真を撮られておりました。

 

 

 

 

 

ポプラドー様20200219-01.jpg

 

 

 

 

近くで見てもとても華やかです。

 

 

 

 

 

ポプラドー様20200219-02.jpg

 

 

 

今現在ウィンドーで展示されているのは、天皇陛下即位を記念した万年筆です。

限定800本だそうです。

 

 

 

ポプラドー様20200219-03.jpg

ポプラドー様20200219-04.jpgポプラドー様20200219-05.jpg

 

優れた工芸品を見ると、心が豊かになった気持ちになりますね。

このような作品を飾っていただけるショーウィンドーを納品できたことをとてもうれしく思いました。

 

 

 

工務部 秋山でした。

 

 

壁を飾るブラックテント

こんにちは。

 

「逃げる2月」は慌ただしく、もう21日!

早い早い。

 

 

お客様にお買い上げいただいた手織り絨毯の「ブラックテント」をご自宅に飾る作業をしてきました。

とは言っても作業をしたのはおなじみの常務ですけどhappy01

 

 

 

 

 

S__48087051.jpg

 

 

 

 

 

私は側で釘を渡したり、真っすぐか確かめたり、掃除機を掛けたり・・・

 

 

 

 

 

S__48087046.jpg

 

 

 

 

 

 

 

「ブラックテント」とは遊牧民に適した移動式の住居の意味なんですが

こちらの「ブラックテント」はギャッベをベースにデザインを起こし、現代のリビングルームにマッチするよう織られた

モダンデザインの絨毯です。

お客様のご要望は壁にフックを付けてその下に付けてほしいとのこと。

まずフックから壁に付けて・・・・

 

S__48087048.jpg

 

 

 

こんな風に仕上がりました。

 

壁の中に下地がないと釘が止まらないので、下地を探しつつ…案外 手間がかかります。

 

 

 

 

 

S__48087050.jpg

 

 

 

 

S__48087049.jpg

 

 

 

マンションの玄関ですが小さな吹き抜けのお庭があって伸びやかな空間が広がります。

お空も見えて気持ちがいいですね。

ブラックテントも映えます。

ありがとうございましたapple

 

 

物販部 堀田あゆみheart

 

1  2  3  4  5

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ