働く社員インタビュー ー同業種から中途採用編ー

企画営業部 近藤和幸(2016年入社・同業種から中途採用)

本当に事業の幅が広い会社。やりがいを感じることに挑戦して、開拓していけばいい。自分の意見を出して、変えればいい。そんな度量のある環境がここにはあります。

企画営業部 近藤和幸さん

−ドゥクラフト土肥家具入社までに色々と社会人経験があるかと思いますが、どのようなものだったのですか?

新卒で新築住宅の建築会社に営業として入社しました。
注文住宅の営業の仕事は好きで、満足のいくものでしたが、その会社の方針が分譲住宅にシフトしたことで転職を考えたんです。その後、大手家具販売会社に1年弱勤めた後、ドゥクラフト土肥家具に入社しました。

−そのような経験の中で、実際に、ドゥクラフト土肥家具に入社したいと思うきっかけがあったのですか?

販売の仕事もしたのですが、すでにあるものを売るだけの仕事に物足りなさを感じていました。
その点、リフォームはほぼ未経験でしたが、リノベーションは注文住宅と同じだなぁと感じたので、元々やりたい、満足ができる仕事をここではできるのではないかと考えました。さらに、これまでの経験も活かせると思ったのがきっかけですね。

−入社後、実際に働いてみて、ドゥクラフト土肥家具の良い部分では何だと思いますか?

ドゥクラフト土肥家具は、本当に事業の幅が広い会社です。自分にとって、新しい知識や経験が積める、いい環境にあると思います。 リフォーム・リノベーションはもちろん、新築や不動産、インテリアまで幅広く仕事があるので、日々新たな刺激があり、飽きることなく、続いていくことにやりがいを感じていますよ。

−逆に客観的に見て、短所はあったりします?

もちろん、どの会社も完璧ではないですし、短所があるものです。しかし、それに不満を感じるより、発想の転換をして、自分たちで作り上げるということが、逆にやりがいにもなっています。自分の意見を反映してもらうこともできて、ある意味、自由でいいかもしれません。
以前在籍していた会社に比べて少人数なので、システム等いろいろ未整備なところもあります。今は少しずつみんなで意見を出しながら、作り上げているところです。

−これからもどんどんと挑戦していきたいとのことだと思います。これから入社してくる人へメッセージはありますか?

同じ建築関係の仕事でも、「営業だけ」だったころに比べて、事業の幅が広いので、自分自身、幅広く勉強も成長もできているなぁと感じていますし、手応えも感じている日々を送っています。「売上だけ」を目指している住宅営業と違い、仕事をしながらも、より自分を高めることができる会社だと思います。

企画営業部 竹河内遥香(2017年入社・同業種から中途採用)

やはり「家づくり」が好きだった。
お客様とじっくり向き合うことができる会社。それが、私にとっても最大のやりがい。

ードゥクラフト土肥家具入社までに新卒で入社した会社などがあると思います。そこでの経験はどのようなものだったのですか?

高専で建築を専攻していました。ですので、卒業後には専門を活かせる住宅業界に進みました。
新卒で入った住宅会社では、5年間、注文住宅の営業をしていて、契約したお客様とは信頼関係も厚く大切なプロジェクトを進行するやりがいと達成感を感じていました。しかし一方で、見込客数を増やすための訪問営業や電話営業で精神的に消耗していたことも事実です。営業活動は「心の余裕がなくなる作業」という感覚がありました。

−なるほど。では、そのような経験における葛藤の中で、実際にドゥクラフト土肥家具に入社したいと思うきっかけがあったのですか?

実は、当社入社のずっと前にドゥクラフト土肥家具で働きたくて面接を受けていました。その時はタイミングが合わずに見送りになった経緯があったんです。
以後、注文住宅の営業を辞め他業種で働いていましたが、ちょうど社員募集をしていた土肥社長とご縁が巡って声をかけてもらいました。それが二度目のきっかけで、この時に入社しました。非常に不思議なご縁ですね。

企画営業部 竹河内遥香さん

―入社が決まって、どうでしたか?

「家づくり」の仕事に戻れるのが嬉しかったことを覚えています。やはり、「家づくり」が好きだったのかもしれないですね。
その時は二十六歳でした。同じ建築業でも、リフォームと新築は全体の流れも見積りの作り方も異なりましたが、丁寧に先輩に教えてもらうことができたので、すぐに仕事の面白さを感じることができました。

−入社後、実際に働いてみて、ドゥクラフト土肥家具の良い部分では何だと思いますか?

社員間で協力し合う姿勢が強いと感じています。先輩のアドバイスも気軽に聞くことができますし、現場の工務部との協力体制もしっかりしていて、お客様に「最善を尽くして引き渡せている」という手応えがあるのが非常にいいです。
また、以前勤めていた注文住宅の会社では契約後に他事業部に業務を引き継いでしまうので現場を見学する機会が少なかったですが、その点、ドゥクラフト土肥家具では下見~見積り~現場まで自分が責任者という気持ちで一貫してプロジェクトに携われるので勉強になります。

−逆に職場での悩みなどはあったりしますか?

毎週、会議があるのですが、必ずといっていいほどコーヒーのお供にお菓子が出てくるんです。さらに誰かの誕生日の週には、呉の美味しいケーキが出てきたり…。ここだけの話、5キロぐらい太りました。(笑)

−日々、仕事に奮闘していることと思いますが、これから入社してくる人へメッセージはありますか?

時間的な制約がある中で、企画書を作成し、その企画書をお客様に初めてご覧いただく時にはプレッシャーに感じることはあります。
でも、新築は初めてお家を建てられる方も多いしご本人の出来上がりのイメージが微妙に違う場合があって、リフォームは今お住まいのお家を改修する事もあり、よくなる事はあっても絶対的に工事前より悪くなるって事がなく。丁寧に対応していけば本音も聞けて、お客様の理想以上の提供でき、何よりも純粋に「お客様に喜んでいただく」というシンプルな方針がある会社ですので、お客様と担当者とが膝をつき合わせて、じっくり向き合うことも厭わない会社です。私にとっても、それが最高の喜びのような気がします。